照明デザイン・プランニング

concept02

「ひかり」が空間と人に語りかける。本質を追究した照明デザイン。

発光効率の向上を崇拝している現在の業界において、われわれはその一線を画し、本物の照明デザインを日々追求しています。

aecoの照明デザインの思想は「本当に価値のある照明とは何か。その本質はどこにあるのか。」
「ひとつひとつの照明には意味・意図があり、それらを深く理解した上で、照明工学、理論を踏まえた照明設計、デザインを行なう。」
「ひかり」と「かげ」の効果。そのバランス。そして、「かげ」の中に空間としての奥ゆかしい芸術が存在する。
この3つを根底に照明デザインに取り組んでいます。
ひとつひとつの照明に生命を吹き込むような、そんな照明デザイン、照明計画を心がけています。

空間を活かす照明デザイン。「ひとのこころ」に語りかける照明デザイン。
それがaecoの照明デザインです。そしてそれらは全て、その空間を利用する「ひと」のためのデザインです。
ですので、aecoはお客様との語らいを非常に大切にします。
そこにはもちろん、デザイン性、快適性、機能性、そして安全性が大切な要素となります。

お客様のコンセプト、求めるイメージ、使用する環境など、あるゆるニーズをくみとり、語り合い、方向性を見つけ出し、一つの作品を協同で作り上げていく。そして、一人でも多くの人々の心に記憶として残る空間を演出すること、それがaecoの提唱する照明デザインのカタチです。